薄毛対策

女性用薄毛クリニックの費用と治療内容について

  • 女性用の薄毛クリニックって効果あるの?
  • 女性用の薄毛クリニックの費用を知りたい
  • 治療内容を知りたい

産後の抜け毛や、40歳を過ぎたあたりから徐々に増えてくる女性の薄毛。最近はとにかく多くて女性専門の薄毛クリニックもどんどん増えてきています。

でも本当に効果があるのか?治療内容によって費用はどれくらいかかるのか?病院で治療となると莫大な費用がかかりそうで怖いですよね。

でも安心してください。予算と相談して計画的にクリニックに通い治療すれば、ほとんどの人が薄毛を改善できます。男性と比べて女性の薄毛は改善しやすいんです。

費用については、自動車ローンを約1年間払っていく感じなので、そこまで負担になることはありません。はっきり言って、自分でケアして試行錯誤するより、クリニックで治療したほうが圧倒的にコスパが良いです。

女性の薄毛の症状4選

まず、頭皮ケアをする前に、それぞれの症状を知る必要があります。症状に応じた対応をしないと、全く効果のないものとなってしまいます。女性に多い4つの症状を紹介していきますので、心当たりのある方は後程紹介する対処法についてもご覧になってください。

  • びまん性脱毛症
  • 分娩後脱毛症
  • 粃糠性脱毛症
  • 牽引性脱毛症

びまん性脱毛症

髪全体が薄くなり、分け目や頭頂部の皮膚が透けて見える脱毛症を「瀰漫(びまん)性脱毛症」と言います。女性に一番多く見られる脱毛症です
更年期前後によく見られ、ホルモンバランスの乱れやストレス、ダイエットによる栄養不足、間違ったヘアケアなどが原因となります。髪の毛が細くなって全体のボリュームが下がってきます。更に頭頂部や分け目が薄くなってきます。

分娩後脱毛症(産後の抜け毛)

分娩後脱毛症」とは、髪の周期である「成長期→退行期→休止期→自然脱毛→成長期」のサイクルが、妊娠後期の女性ホルモンの影響で乱れ、分娩後に一気に休止期に入るために抜け毛が増える状態の事です。
通常、半年から1年ほどで自然回復しますが、高齢出産等で体力の回復が遅い場合は自然回復しにくいと言われています。
とにかく前頭部の抜け毛がひどく、おでこ禿げ、M字ハゲになってしまいます。

粃糠(ひこう)性脱毛症

批糠(ひこう)性脱毛症は、フケが毛穴を塞ぐことで炎症を起こし、髪の毛が成長できなくなる事から起きる脱毛症です。
頭皮の脂が気になって頻繁にシャンプーをしたり、ゴシゴシ洗うと頭皮を傷めて逆効果になる恐れがあります。シャンプーは1日1回、頭皮を優しく洗うようにしましょう。また、フケが多いと感じた時は、脂漏性皮膚炎などの可能性もあります。
若い女性にも多く、髪の毛が脂ギッシュになっている人に多く見られます。

牽引性脱毛症

長期間、髪の一部を強く引っ張った髪型を続けることにより、その部分だけ抜け毛が目立つようになる脱毛症の事です。
ポニーテールなど髪を強く引っ張って結ぶ髪型や、同じ分け目を長期的に続ける事で発症しやすくなりますが、たまに髪型を変える事で防ぐことができます。

女性の薄毛治療内容について

クリニックにもよりますが、体内のホルモンに作用する薬を口径投与するのが主流となっています。

ニードルではなく侵透タイプの外用薬ミノキジェットや、発毛薬、内服薬のタブレット、サプリメントの処方がメインとなります。

外用薬

ミノキシジル配合のリキッドタイプの薬です。朝と夜に1日2回スプレーを頭皮に吹きかけるのみの治療で髪が増やせるという代物。

ミノキシジルとは

壮年性脱毛症における「発毛」と「脱毛(抜け毛)の進行予防」の効果が認められています。ミノキシジルに発毛効果があることがわかったのは、1979年のこと。
その後、1988年にアメリカで厳密な臨床試験を経て有用性が確認され、医薬品としての発毛剤が誕生しました。これまでに、世界90ヵ国以上で承認され使われています。引用元:大正製薬

国内で市販されているミノキシジル入りの発毛剤は、リアップ、スカルプD、フィンジアあたりが有名です。これらは第1類医薬品となるため、薬剤師の情報提供が必要となります。副作用の懸念もあるため、クリニックで処方してもらったほうが安心ですね。

内服薬

【タブレットA】ミノキシジル内服薬 血管を拡張して血流改善する
【タブレットB】スピロノラクトン内服薬 DHTに作用してヘアサイクルを正常化
【タブレットC】各種ビタミン内服薬 髪への栄養補給。サポート的な役割

ミノキシジル内服液は、頭皮の血管を拡張して血流を改善することで毛母細胞を活性化させることができます。スピロノラクトン内服薬はDHT(ジヒドロテストステロン:悪性男性ホルモン)の働きを抑えることができます。遺伝的要因に有効な薬です。

女性の薄毛治療の費用

  • STEP01
    カウンセリング
    ほとんどのクリニックが初回無料のカウンセリングとなっています。
  • STEP02
    初診
    女性の薄毛治療は、保険診療ではなく自由診療となります。なので保険は適用されません。脱毛や美容医療と同様の扱いとなります。
  • STEP03
    治療開始
    症状に合わせた薬が処方されます。一概に言えませんが、内服薬で5000円~15000円、外用薬で15000円あたりが相場です。
  • STEP04
    通院
    高くても5000円程度です。医師の診療のみであればもっと安くすむでしょう。マイクロスコープや血圧測定、頭皮の撮影があれば費用は少し高くなります。

予算に応じて処方の組み合わせを変更できるところもあるので、まずは医師に相談してみましょう。

合わせてやりたいセルフケア

クリニックに行く費用がない、時間がない、クリニックに行ったけど効果がない!という人は自分でできる頭皮ケアも検討しましょう。いくら治療しても、土台となる頭皮が不健康だったら効果はなかなか出てきません。

  • 頭皮マッサージ
  • スカルプシャンプー
  • 育毛剤

頭皮マッサージ

お金をかけずに頭皮ケアできる方法です。頭皮マッサージで頭皮の血行を促します。また、髪の根っこには新しく髪を生やそうとする毛乳頭細胞というものがあります。この毛乳頭細胞は外部からの振動により細胞の活性が上がることがわかっています。頭皮マッサージをすることで、髪を生やせというシグナルを毛乳頭細胞に送ることで薄毛を改善できるというわけなんです。

頭皮マッサージで髪が生えてきたって?発毛効果で薄毛予防!

シャンプー選び

スカルプシャンプー(育毛シャンプー)で頭皮をケアすることができます。

  • フケやかゆみの予防・改善
  • 髪のボリュームアップ
  • 髪のハリ・コシのアップ
  • 抜け毛の予防

スカルプシャンプーにはこれらの効果があります。頭皮の皮脂は少ない方がいいのですが、落としすぎるのもよくありません。頭皮を洗いすぎる事で、水分を保持していた皮脂がなくなります。そうなると頭皮が乾燥してしまいます。乾燥した頭皮を保護しようと過剰な皮脂が分泌される結果となってしまうんです。適度な洗浄力と頭皮ケアに適した有効成分が配合されたスカルプシャンプーを使用することで、健康的な頭皮を維持することができます。

【スカルプシャンプー紹介】頭皮の臭いって消せるの?

 

育毛剤選び

育毛剤の役割は、頭皮の血行促進と保湿です。育毛剤に発毛効果はありません。間接的には影響してきますが、頭皮の荒れを防いで健康な髪の毛が育つ環境を作っていくのが育毛剤です。シャンプーだけでは足りない保湿力を育毛剤で補うわけです。育毛剤には保湿だけではなく、育毛に適した有効成分が多く含まれています。

女性用の育毛剤の選び方!抜け毛に効果的な育毛促進

クリニック治療がコスパが良い

クリニックとセルフケアの費用対効果

方法 改善アイテム 費用/月 効果 総合評価
セルフケア 育毛剤、シャンプー 10,000円
クリニック 内服薬、外用薬、サプリ 5,000円~50,000円

セルフケアよりクリニックが確実な理由

セルフケアに関しては、発毛効果はほとんどないため、どちらかというと頭皮の環境維持が目的となります。なので、セルフケアをいくら頑張っても髪の毛が生えてくることはありません。無駄です。薄毛改善するならクリニックを利用したほうが、コスパ的にもgoodです。

確実な薄毛対策ができるクリニック

FAGA治療も可能な大阪美容クリニック

  1. 初診カウンセリング無料
  2. オンライン診療可能(遠方でも可能)
  3. 目に見える発毛実感
カウンセリング・初診料 0円
血液検査 0円
外用薬のみor内服薬のみ 15,000円/月
外用薬+内服薬 27,000円/月
幹細胞メソ治療 55,000円/月
※すべて自由診療

\発毛実感/

narumi
narumi
管理人からのコメントです

大阪美容クリニックは大阪にあるクリニックなのですが、通うのが困難であればオンライン診療も可能です。スマホ1台で簡単にできます。遠隔診療&処方薬の郵送も対応してくれるのが特徴です。女性特有の薄毛(FAGA)治療を実施しているクリニックって全国でもまだ少ないので助かります。
初診カウンセリングも無料なので、今後利用されるかどうか一度考えることもできます。絶対に髪の毛を生やしたい方は、カウンセリングを受けてみましょう!

\発毛実感/

 

銀座HSクリニック

  • 初回お試し価格5,500円
  • オンライン診療可能(遠方でも可能)
  • 独自の薄毛治療
薄毛治療内容 初回 2回目以降
無料カウンセリング 無料
診察 2,200円 3,300円
ノーニードルメソセラピー 5,500円 31,350円
ダーマペン 46,750円 46,750円
トータルヘッドセラピー 42,900円 42,900円
HS式発毛促進点滴 10,780円 10,780円

 

内服薬・外用薬

  内服薬 外用薬
男性用 4,290円 13,200円
女性用 10,780円 13,200円

男性用はAGA、女性用はFAGAに効果のある内服薬と外用薬が処方されます。各個人に合った薬(プロペシア、フィナステリドなど)を血液検査を用いて、最適な処方をしてくれます。

\ボリュームアップ/