白髪

韓国人に白髪がない理由の広告についての広告は詐欺?広告内容と白髪のメカニズムから真相を解明

ネットを見ているとたまに胡散臭い広告が表示されますよね。

例えば韓国人に〇〇がない理由!などの広告。

今回の記事内容は、その中からチョイスした「韓国人に白髪がない理由」の広告について検証していきます。

韓国人に白髪がない理由は嘘

  • 韓国人は白髪が生えにくい
  • 日本人と遺伝的な違いがある
  • 韓国人は見た目至上主義

韓国人にも白髪は生えてきます。

ただし、遺伝的に白髪が生えにくい体質であることは確かだそうです。でも白髪は生えます。

韓国人の政治家たちを見てみると、ほとんどの人が黒髪です。フサフサです。

これも外見至上主義のため、白髪染めやヘアケアを適切にされているそうです。

なので、韓国人に白髪が無い理由というのは嘘。

韓国人に白髪がない理由の広告は誇大表現

  • 生えてる白髪は黒くならない
  • 1週間で黒髪になるのはありえない
  • 韓国人でも白髪はある

ということで、韓国人に白髪が無い理由というのは誇大表現に近いことが言えますね。

実際に広告の中身を見ていると、韓国のことには一切触れておらず、ヘアケア剤の紹介だけでした。

しかもこのヘアケア剤、1週間で黒髪になるという口コミも掲載されており、ヘアケア専門家としてはちょっと疑問視してしまいます。

そもそも生えている白髪が黒くなることはありえないんです。

白髪が発生するメカニズム

  • 白髪はメラノサイトの異常
  • 頭皮の血流不足
  • 髪は元々白い

そもそも白髪が発生するメカニズムは、毛母細胞にあるメラノサイトでメラニン色素が生成されないために、白いままの毛髪が生えてくるんです。

なので、髪の毛というのは元々白いということを認識しておきましょう。

原因は様々ですが、遺伝的な要因、生活習慣などが考えられます。頭皮への血流不足により白髪が発生するとも言われていますね。

また、髪の毛には血液が流れておらず、一度生えてきた白髪を根本的に黒にすることは不可能です。

既に生えている白髪を黒髪にするには「白髪染め」で染めるしかありません。

広告内の商品を使用しても白髪は改善できない

広告内のヘアケア商品で白髪を改善できるかもしれませんが、それは商品を使い始めてから生えてくる髪の毛に対して有効だということです。

先ほども解説しましたが、既に生えている白髪を黒くするには染めるしか方法がありません。

広告内には、ヘアケア商品を使用してビフォーアフターで髪が真っ黒になっていましたが、これは嘘です。

韓国人に白髪がない理由の広告についての広告まとめ

韓国人に白髪が無い理由の広告について解説してきました。

白髪って一度生えだすとどんどん増えてきます。黒髪に改善する方法はネット上に沢山溢れていますが、根本的に改善するには根気と気力が必要です。

また、遺伝的な白髪になってしまうと改善するのは厳しいというのが現実です。

自分に合った白髪染めを使うなりして、乗り切るしかありません。

私がおすすめするのは、普通の白髪染めではなくトリートメントタイプの白髪染めです。

トリートメント白髪染めなら頭皮や髪を傷めることなく染めることができますよ!